八本指

詳細
名前 八本指
リーダー 八人の部門長
タイプ 地下犯罪組織
所屬フリー→ナザリック
本部 リ・エスティーゼ王国王都リ・エスティーゼ
Media
登場作品 web版
書籍版


「さて!この国の半分は支配完了と」

概要


 八本指はリ・エスティーゼ王国の裏社会を牛耳っていた地下犯罪組織である。
 六大神の一人「土神」の従属神"盗みの神"が八本指だったことからこの名前が付けられた。

 奴隷売買、暗殺、密輸、窃盗、麻薬取引、警備、金融、賭博の八部門から構成され、それぞれの部門の長が定例会で顔を合わせてはいたものの、実際はそれぞれの部門が独自に動き、足の引っ張り合いも珍しくないような組織だった。
 これは元々8部門が複数の裏組織だったことが原因で、定例会も「出席しなかったら裏切り者として抹殺する」というルールの為に皆参加していたにすぎない。

 その影響力は絶大で、傭兵、貴族、王族にまでコネを持ち、王国内で流通する麻薬「黒粉(ライラの粉末)」の生産から販売、王都での違法娼館の経営等、王国内のあらゆる犯罪の裏にその姿があり、巨大過ぎるが為に誰も手出しができなかった。

 しかし
奴隷売買部門がセバスブレインクライムによって大打撃を受け、警備部門の最強部隊「六腕」がセバスの手で全滅してしまい、「ゲヘナ」のついでに密輸部門が資材をナザリックに強奪され、麻薬取引部門のヒルマがマーレに拷問され、最後はデミウルゴスアインズの世界征服の地盤作りの為に(アインズの知らないところで勝手に)アウラマーレを送り出し支配してしまった。
 崩壊にかかった期間はたったの2日だった。

 現在は各部門の長が
ニューロニスト恐怖公によって調教済みであり、ナザリックの従順な手駒、お人形となっている。
 また、「ゲヘナ」は八本指が王都へ魔像を持ち込んだことが原因だということにされてしまっている。


 web版では「ゲヘナ」が発生していないので組織は存続しているが、娼館が潰され六腕もゼロとルベリナとサキュロントを失っている。

メンバー

  • 奴隷売買部門…コッコドール
  • 麻薬取引部門…ヒルマ
  • 警備部門…六腕
  • 暗殺部門
  • 密輸部門
  • 窃盗部門
  • 金融部門
  • 賭博部門

小ネタ


・八本指
のまとめ役として「水神の聖印を下げた50くらいの温和そうな男」という人物がおり、ゼロがwebで「序列第2位」と説明されていることもありこの人物がトップのようなのだが、特に何をするでもなく拷問部屋送りとなってしまった。