死の騎士(デス・ナイト)
overlord-death-knight
詳細
名前 死の騎士(デス・ナイト)
種族 アンデッド(ゾンビ系)
レベル35
Media
登場作品 web版
書籍版
漫画版
アニメ版


オオオァァァアアアアアアーーー!!」

概要


 死の騎士(デス・ナイト)は、中位アンデッドの一種である。2.3mの巨体を漆黒に血管のような模様が描かれた(アニメ版では白銀の)鎧で覆った死霊の騎士。
 左手には巨大なタワーシールドを、右手には刃渡だけで1.3mもあるフランベルジュを持っている。

 壁役として優秀なのでアインズがユグドラシル時代からよく召喚していたモンスター。
 ユグドラシル時代は召喚しても一定時間の経過で消滅したが、転移後の世界では死体を媒介にすることで永遠に消えないアンデッドを作ることができるので、様々な死体を利用して量産している。

 転移後の世界では自然発生したデス・ナイトが1体だけ確認されており、帝都に幽閉され、フールーダが支配を試みる実験を繰り返している。

 書籍版では偽装したスレイン法国兵に猛威を振るった後、ナザリックでアインズのスキルによって少しずつ量産されていき、大虐殺時には200体まで増えていた。
 web版ではカルネ村を訪れたガゼフと一騎打ちをしており、書籍版以上にその力をガゼフに警戒されている。

人格

 アンデッドらしく生者を憎み、相手を痛めつけ嬲りながら殺す残虐な一面を持つ一方、アインズに作られた個体はナザリックにおいて非常に生真面目に働いている。
 基本的に叫び声しか 発しないが、どうやっているのか、
ナザリックの面々とは会話もこなしている 。
 また、1体が武技を覚えられるかどうかの実験としてハムスケ達と共に訓練を積んでいるが、成長の様子は見受けられない。しかしハムスケはそのひたむきに特訓する姿を庇っていた。

強さ

 レベルは35なのだが、攻撃力はレベル25程度しか無く、代わりに防御力がレベル40相当あるという、凶悪な外見の割に防御寄りのステータスとなっている。
 100レベルプレイヤーのアインズや、ユグドラシル時代に相手をしていたモンスターに比べれば非常に頼り無いのだが、後述する二つのスキルによって非常に優秀な壁役として機能していた。

 転移後の世界では伝説の魔獣(レベル30)を超えるレベル(レベル35)となっているので、比類無き強大なアンデッドとして君臨している。
 特に恐ろしいのは殺した相手を従者の動死体(スクワイア・ゾンビ)へと変える能力で、さらにスクワイア・ゾンビが殺した相手は動死体(ゾンビ)に変わるため、この負の連鎖によってデス・ナイト一体で街を滅せると作者によって公言されている。
 また、アインズが召喚したものは彼のスキルによって通常より強化されている。

スキル
・?...モンスターの攻撃を完全に引きつけ、初撃は必ずデス・ナイトへ向かう。
・?...1回だけどんな攻撃を受けてもHP1で耐える。きあいのタスキ。
・?...殺した相手を従者の動死体(スクワイア・ゾンビ)へと変える。スクワイア・ゾンビのレベルはweb版では自身の半分、書籍版では殺した相手のレベルに依存となっている。ちなみにスクワイア・ゾンビを生む数には限界があるが、スクワイア・ゾンビが誰かを殺し動死体(ゾンビ)にする数には制限が無い。
・騎乗...web版ではスケリトル・ドラゴンに、書籍版では魂喰らい(ソウルイーター)に騎乗している。

小ネタ

死体を媒介にするには全身揃っている必要が無いようで、頭だけから1体作られたりもしていた。
・web版ではデス・ナイトは「一度召喚すると消えないモンスター」となっており、アインズも消えないことに焦っていた。
・アニメ版では残像を残すほど素早い動きを見せている。

画像

CKgSEOMUMAAN2KI