骨の竜(スケリトル・ドラゴン)
20150902040955
詳細
名前 骨の竜(スケリトル・ドラゴン)
種族 スケルトン
難度48
Media
登場作品 web版
書籍版
漫画版
アニメ版


魔法に絶対の耐性を持つスケリトル・ドラゴン。 マジック・キャスターにとっては手も足も出ない強敵だろうよ!」
スケリトル・ドラゴンの強さについてbyカジット

概要


 骨の竜(スケリトル・ドラゴン)は、大量のスケルトンで構成されたドラゴンである。
「おおよそ3メートルの人骨の集合体」
「3メートルはあるスケリトルドラゴンの体」
とあちこちで3mと説明されているが、全長なのか体高なのか胴体の長さなのかハッキリしなかった。
 しかしアニメ版で全長15mはありそうな巨体が登場し、3mの謎はますます深まることとなった。

 あらゆる魔法を無力化するという非常に変わった特性を持っており、マジックキャスターにとっては天敵とも言える存在。
 そこにスケルトンの耐久力や持久力、ドラゴンの攻撃力や飛行能力まで揃った強力なモンスターであり、カッツェ平野で自然に現れるアンデッドの中でも上位に位置する。

強さ

 実は討伐の難度自体はweb版の時点で48、レベルにして16とかなり低い。白金クラスの冒険者で勝てるヴァンパイアより低い。比較対象を挙げるとすると、だいたいナザリック・オールドガーダー1体と同程度である。
 魔法無効化や刺突武器無効化、斬撃ダメージ半減は確かに脅威ではあるものの、特殊効果のある攻撃手段などは持たず、打撃武器で固めた前衛さえいればそこまで恐ろしいモンスターではない。
 実際、アダマンタイト級冒険者であるガガーランは数千体のアンデッドを突破した後で2体同時に相手にしたとしても一人で勝てると断言していた。

 ただし、カジットの操るスケリトル・ドラゴンはカジットの各種魔法によって強化、支援されており、当然野生のスケリトル・ドラゴンより強くなっている。
 あらゆる魔法を無効化するスケリトル・ドラゴンだが、なぜかスケリトル・ドラゴンを強化、支援する魔法は普通に効果があり、その点をナーベにも突っ込まれていた。

 ちなみに魔法無効化が発動するのは第6位階以下の魔法限定であり、第7位階以上は普通に通じる。
 と言っても転移後の世界でそんな魔法を個人で使える存在はいないので、弱点と言うには程遠く、そもそもナザリックの面々以外にはその事を全く知られていなかった。

小ネタ


・エ・ランテルで
漆黒のメンバーと戦った際はナーベを上空から奇襲したが、実は戦闘前からアインズが自身のスキル<不死の祝福>でその存在に気付いていた(2体目の出現には驚いていたが)
・この大百科ではしばらく管理人の勘違いで「スケルトリ・ドラゴン」に表記がなっていた。