ルクルット・ボルブ
640-1
詳細
名前 ルクルット・ボルブ
通称 野伏(レンジャー)
下等生物(ナメクジ、ウジムシ、etc)
性別
種族 人間
所属 リ・エスティーゼ王国
漆黒の剣(旋風の斧)
職業 冒険者
住所 リ・エスティーゼ王国 エ・ランテル
Media
声優 花江夏樹
登場作品 web版
書籍版
漫画版
アニメ版


ナーベさんの冷たい一言頂きました!」

概要


 ルクルット・ボルブは、シルバー級冒険者チーム「漆黒の剣(旋風の斧)」のレンジャーである。
 軽薄そうな見た目通り、陽気で口も性格も軽い人物だが、戦いとなれば優秀なレンジャーへと一変し、時には思慮深い一面も見せる。

 物語の中では
モモンと一緒にいたナーベ一目惚れし、出会って早々に告白するも、下等生物(ナメクジ)と一蹴される…という非常に残念な登場をする。
 しかし全く傷つくことはなく、事あるごとにアタックを繰り返しては撃退される様子を、
ナーベが人間種全てを見下していることを知らない仲間たちからはコンビ芸のように認識されていた。

 チーム内ではムードメーカーとして努め、皆を盛り上げるために率先して明るい話題を出している。十三英雄の「漆黒の剣」が見つかるまでの間皆で持つことにした短剣をチームの証として誇るなど、チームを想う気持ちは非常に強い。

 戦闘ではチームの目と耳として探知を行うほか、特徴的な長い手足を生かし弓を使った遠距離攻撃、近距離では剣を用いた戦闘も行う。

 書籍版ではモモン一行と一緒にンフィーレアの依頼をこなした後、でクレマンティーヌの襲撃を受け仲間とともに死亡。死体はゾンビとなってモモンを襲うも、一刀のもとに首をはねられた。

 web版ではンフィーレアがそもそも登場しないので生存している。

小ネタ

彼曰くモモンの(というか鈴木悟の)外見は「意外と年行ってるな、おっさんだな」とのこと。それを聞いたアインズはそれなりにショックを受けていた。
ラナーにも惚れていたが貴族生活の窮屈さは無理とのこと。
・彼が
ンフィーレアに伝えようとした「すっげぇーテクニック」は仲間たちの手によって伝授を阻止された。

画像

20