ガゼフ・ストロノーフ
Gazef_Stronoff[2]
詳細
名前 ガゼフ・ストロノーフ
通称 王国最強戦士
性別
種族 人間
所属 リ・エスティーゼ王国
役職 リ・エスティーゼ王国 王国戦士長
Media
声優 白熊寛嗣
登場作品 web版
書籍版
漫画版
アニメ版


「――私は、リ・エスティーゼ王国、王国戦士長ガゼフ」

概要


 ガゼフ・ストロノーフはリ・エスティーゼ王国の王国戦士長。王国最強と言われる強さを誇り、近隣諸国においてもその名を知られる。王国に伝わる五宝物(確認されている物は4つ)全ての装備を認められており、その全てを装備した強さは13英雄に匹敵するという。
 筋骨隆々とした逞しい肉体にこの地方では珍しい南方の血を引く黒髪黒目の偉丈夫。「六光連斬」を代表とする複数の武技を操り、究極の武技をも使いこなすと言う。

 大虐殺の際に、web版では生存。
 書籍版ではアインズからの勧誘を王への忠誠心を盾に蹴り、一騎打ちを申し込んで成立させる。彼我の実力差を埋めることは出来ず、結果こそ一撃で葬られたと言っていいが、そこから得た情報をブレインクライムに託す。アインズとはカルネ村での一件以来、立場の違いこそあれ互いに好感を抱いており最期まで敬意と尊敬を持った態度で接した。

 彼の死因はアインズの魔法《トゥルー・デス/真なる死》であり、これは低位の蘇生魔法では生き返らせられず、さらに本人も蘇生を拒否している事から蘇生はほぼ不可能となっている。

人格

 一介の平民から身を立てたため平民を慮る想いが強く、自らを陥れる罠と知っていてなお民のために危地に飛び込むなど精神面でも優れた好漢である。
  その分、貴族派閥に属する者たちなどからは疎まれている。良くも悪くも武辺者であり、私生活も質素そのもの。政治的に微妙な位置にいるにも関わらず、あくまで王の剣であろうという考えを持ち、宮廷での政治闘争とは関わりを持とうとせず、よって貴族位も与えられていなかった。

強さ 

 王国最強の戦士であり、その強さはかつての13英雄に匹敵するとさえ言われているものの、神人を除いた純粋な「人類」として戦士職最強のクレマンティーヌには一歩届かないものがある。
 また、貴族派閥と王派閥の軋轢から行動に貴族派閥の妨害を受けており、その装備品も常に万全の物とは行かず、カルネ村に出向いた際は五宝物を一つも装備していない最も貧相な状態だった。

 その強さのランクは

クレマンティーヌ(漆黒所属)>フル装備ガゼフ>クレマンティーヌ(ズーラーノーン所属)>ハムスケ>ノーマルガゼフ>ブレイン>ガガーラン>ゼロ>壁>ザリュース>クライム>虎>一般人

 注:指輪は発動させない。
 注:フル装備ガゼフやクレマンティーヌは武装面による強化なので、実際にこの通りなのかには疑問がある。
 注:単純なレベルでの勝敗を丸山が漠然と判断した強さ順である。(クレマンティーヌではスケリトルドラゴンには勝てないとか色々とあるため)
 注:ゼロはレベル的には高いのだが、モンクは戦士よりも基礎となる部分が弱いので、この評価。

と作者によって説明されている。
web版ではアインズのデスナイトと戦い、自身と同じかそれ以上の実力だと感じていたが、疲労が無く、攻撃力が低い代わりに防御力が高いデスナイトは強さの基準が不明瞭なので、このランキングには入れないと作者が明言している。


装備(王国に伝わる五宝物)

  • 活力の籠手(ガントレット・オブ・ヴァイタリティ)...リ・エスティーゼ王国に伝わる五宝物の一つ。疲労が無くなる。
  • 不滅の護符(アミュレット・オブ・イモータル)...リ・エスティーゼ王国に伝わる五宝物の一つ。癒しの効果があり、常時HPを回復する。
  • 守護の鎧(ガーディアン)...リ・エスティーゼ王国に伝わる五宝物の一つ。最高位高度金属(アダマンタイト)製の鎧
  • 剃刀の刃(レイザーエッジ)...リ・エスティーゼ王国に伝わる五宝物の一つ。鋭利さのみを追求して魔化された魔法の剣。鎧すらバターのように切り裂く。実は「ユグドラシルではあり得ない」特殊な効果を秘めており、アインズを傷つける事すら可能。
  • ?...リ・エスティーゼ王国に伝わる五宝物の一つ。その存在はほとんど知られておらず詳細も不明。


使用武技(精神力の同時使用量は5が限界)

  • <戦気梱封>...使用精神力1。武器に魔法属性を付与する
  • <四光連斬>...使用精神力2。同時に4回攻撃する
  • <六光連斬>...使用精神力3。同時に6回攻撃する
  • <即応反射>...使用精神力1。攻撃後の隙をキャンセルし追加攻撃ができる
  • <流水加速>...使用精神力1。神経と肉体の速度を上昇させる
  • <肉体強化の武技>...使用精神力1。肉体を強化する
  • <精神強化の武技>...使用精神力1。精神を強化する
  • <魔法に対する抵抗強化の武技>...使用精神力1。魔法に対する抵抗力を強化する
  • <急所感知>...相手の急所を感知する
  • <可能性知覚>…第6感を強化する。曰く「大技」
  • ?...使用精神力4。詳細不明
  • <究極の武技>...使用精神力5。かつて王国にいたアダマンタイト級冒険者ヴェスチャー・クロフ・ディ・ローファンが開発しながらも、歳のせいで使いこなすことができなかった武技。
人間関係


ランポッサIII世
絶対の忠誠を誓う相手であり、その心労を危惧している。

アインズ
カルネ村を救ってくれた存在として敬意を持っており、好感も持っている。

ブレイン
かつて互角の勝負を繰り広げたライバルであり、今でも信頼している。

クライム
王国の兵士先輩としてその成長を願っており、リグリットから受け取ったツアーの「始祖の魔法」の指輪を渡した。

小ネタ



・他国に知れ渡っている強さから頻繁に「あのガゼフと互角の~」「ガゼフ以上の~」と強さの基準として名前が挙げられる。ネット上では強さの単位として「ガゼフ1人分の強さ=1ガゼフ」という使い方をされたりもする。最も頻繁にその使われ方をするのがガゼフと接戦を繰り広げたブレイン
・王国最強の戦士でありながら女っ気が全く無く、それらしい気配すら微塵も見せない。それでいてひとつ屋根の下ブレインと暮らしているのでファンからホモ扱いされることもある。
・彼の「戦士長」という地位は、平民が騎士になることに対する反対の声から王が新たに作った役職。彼の部下は「戦士」と呼ばれる。

画像


latest-101440507703102