タブラ・スマラグディナ
14

詳細
名前 タブラ・スマラグディナ
通称
大錬金術師
性別

種族
マインドフレイヤー
所属
ギルド:アインズ・ウール・ゴウン
至高の四十一人
Media
声優

登場作品
web版
書籍版
漫画版
アニメ版



Ascendit a terra in coelum, iterumque descendit in terram, et recipit vim superiorum et inferiorum. (かくて汝、全世界の栄光を我がものとし、暗きものは全て汝より離れ去るだろう

概要


 
タブラ・スマラグディナは、ギルド:アインズ・ウール・ゴウン至高の四十一人に名を連ねるプレイヤーの一人である。
 その外見はブレインイーターの例に漏れず、水死体にタコの頭が付いた様な醜悪なものあり、更にそれをボンテージで覆ったかのような、ホラー映画のモンスター然とした姿をしている。

 メンバー中最も設定にこだわった男。厨二病だったらしく、扉のパスワードにも使われた上記の台詞はエメラルド・タブレット(古代エジプトに存在したとされる錬金術の知識が彫られたエメラルドの板)の一節である。
 そして名前である「タブラ・スマラグディナ」も、エメラルド・タブレットのラテン語読みである。

 ナザリックのギミック担当者の一人であり、ギャップ萌えとホラー映画とTRPGと各種神話が好きというとにかく「濃い」男。彼の趣向はニグレドアルベドルベドの三姉妹にも反映されている。
 その無駄な知識をモモンガに垂れ流し続けていた。

 彼がアルベドの設定欄に書いた設定は一大叙事詩と呼べるほどの文量を誇っているが、最後の最後に「ちなみにビッチである」との一言が書かれており、ギャップ萌え好きの真価が現れている。

 趣味のためなら全力で打ち込む男だったようで、仲間を驚かせるためだけに作ったニグレドの部屋は、実用性皆無にもかかわらずかなりの額を課金して作られていた。
 また、web版ではシズを作ったのもタブラだとされていた(書籍版では否定された)。

作ったNPC

アルベド

ニグレド

ルベド

シズ・デルタ(web版)