たっち・みー
CKhwRkAUcAEnkaa
詳細
名前 たっち・みー
通称 純銀の聖騎士
性別
種族 異形種
所属 ギルド:アインズ・ウール・ゴウン
至高の四十一人
Media
声優 置鮎龍太郎
登場作品 web版
書籍版
漫画版
アニメ版


いや、我が儘言ってるの、ウルベルトさんですよ。だいたい私達は別に効率だけを考えてゲームをしてるわけじゃないんですから

概要


 
たっち・みーは、ギルド:アインズ・ウール・ゴウン至高の四十一人に名を連ねるプレイヤーの一人である。

 メンバー中最も「正義」という言葉にこだわった男。わざわざ一文字50円の「正義降臨」エフェクトを用意して自分の周辺に浮かせていたほど。

 ギルド:アインズ・ウール・ゴウンの前身となった「最初の九人」の発起人であり、異形種であることを理由にPKに晒されてゲームにうんざりしていたモモンガを仲間に勧誘した。モモンガにとっては恩人に当たる人物で元々ギルドマスターのような立ち位置だったが、ある事件をきっかけにモモンガへとギルドマスターを譲った経緯がある。

 職業「ワールドチャンピオン」が示す通り、ギルド内で最強、かつゲーム中でも3本の指に入る実力者。呼び名は”純銀の聖騎士”。
 その装備する鎧は世界大会優勝者が運営から贈呈されるオリジナル装備であり、ゴッズアイテムすら超えギルド武器に匹敵する超位の存在。もちろんワールドチャンピオン以外は装備することすらできない。

 彼の「誰かが困っていたら助けるのは当たり前」という言葉は、アンデット化し、それに精神が引っ張られる現在のアインズにも響いており、セバスの後ろにたっち・みーの影を見たアインズは襲撃されているカルネ村を助けた。
 ピンク色の肉棒という非常に見た目がアレなぶくぶく茶釜に対しても物怖じせず話しかけたとのこと。

 ちなみに現実でのたっち・みーは「セバスのような人間」だったらしく、幼馴染の美人の奥さんと娘を持ち、実家は金持ちで運動神経抜群で国家公務員(警察官)としてバリバリ働く超勝ち組であった。もっともそれが確執を生み、ウルベルトとは喧嘩が絶えない仲となっていたが、モモンガはそれでも二人は仲がいいと見ていた。
 「家族サービスよりゲームを優先して奥さんと大喧嘩したメンバー」がギルド:アインズ・ウール・ゴウンにはいたようだが、それがたっち・みーの事なのかは不明である。

作ったNPC

セバス・チャン

画像

latest-26