ヴィクティム
1438092751799
詳細
名前 ヴィクティム
通称 生贄の赤子
チート
性別
身長 1m
種族 天使
所属 ナザリック地下大墳墓
役職 第八階層守護者
住居 ナザリック地下大墳墓 第八階層
属性 中立(カルマ値:1)
制作者
Media
声優
登場作品 書籍版
漫画版
アニメ版


「あおみどりひ(はい)」

概要


 ヴィクティムはナザリック第8階層「荒野」の守護者
 9階層以下にもプレアデスやゴーレムはいるもののあくまで「時間稼ぎ」程度と考えられており、ヴィクティムの守る第8階層こそが実質的なナザリックを守る最後の砦と考えられている。web版非登場。

 天使の輪と枯れたような翼を持つ全長1メートルほどの胚子のような姿をしている。
 文中ではルビとして平仮名が平仮名に打たれている独特な言語を操る。アインズは「エノク語」であるはずと訝しみつつ何とか納得しているが、実のところは五十音を絵の具(エノグ)の色名に変換して表記した奇怪な言語である。これは非常に読みにくいものだったが、8巻で表記方法が変わって少し読みやすくなった。

 自身の戦闘力は乏しいようだが、死亡時に発動する強力な足止め系のスキルを保有している。かつての討伐隊1500人侵攻時にはその足止めスキルによって侵攻を止め、そこをギルド:アインズ・ウール・ゴウン のメンバーが掃討することで難を逃れた。
 書籍版においてはアインズが誰かと面会する際に側で誰かに抱かれていることも多く、いざというときは殺されることでアインズを守ることを本人も承知している。

ちなみにweb版においては第8階層に別の守護者がおり
・1500人からなる討伐隊を全滅させた
・ワールドチャンピオンに匹敵する強さ
・強すぎてチートだと訴えられた
・ナザリックが保有する最大戦力
・飛行が可能
・巨大で輝いている
ということが分かっている。

書籍版ではヴィクティムが守護者となったことで彼(彼女?)の守護者設定も同時に消えたが、その代わり「8階層のあれら」という8階層に秘匿されたナザリック最大戦力の存在が示唆されている。

人格

 非常に礼儀正しく、自らのことを「死ぬために生み出されたアインズのシモベ」と言い切るなど非常に忠誠心が高い。また守る階層については頓着していないようで、一時的に第一階層を守っていたこともある。

人間関係

アインズ
絶対の忠誠を誓っており、いざというときには文字通り死ぬ覚悟でいる。

小ネタ

・名前はそのまんま宗教的な意味での「生贄」である。
・転移後の世界において「死亡したキャラは復活させられるのか?」という事が分からなかったので、
シャルティアの死によって復活が確実に行えると分かるまで動かせなかった。
・羽を使ってふよふよと移動するが、非常に遅いので守護者や
アインズが持って移動することもある。
・体の構造上首が回らず、ちょっと周りを見渡すにも体ごと回転する必要がある。
・羽や尻尾まで入れると体長1mとそれなりに大きい。

画像

slatest